レディ

腰痛は症状によって改善方法が異なる~痛みを和らげる方法~

代謝に関わるホルモンとは

女の人

甲状腺の病気は発見しにくいと言われています。暑がりになり水を沢山飲むようになった、眼球が出てきたなどの症状が出ていたら首にしこりがないか確認する工夫が必要です。甲状腺の病気は内科で受診できますが、最近では甲状腺の専門クリニックもあり人気となっています。

読んでみよう

良いクリニックの選び方

看護師

東京都世田谷区には、透析の治療行うクリニックがあります。クリニックを選ぶ際には、そこが入院に対応しているか、より高度な治療法を投入しているかに注意しましょう。工夫すべきポイントとしては、日常生活とほかの透析患者の知り合いを作る必要があります。

読んでみよう

病気の早期回復を目指す

レディ

世田谷区で内科を受診するなら口コミ評価とリピーター率をチェックする事で、質の高い医療が受けられます。診察を受ける場合は症状について正確に判断する事が大切であり、足腰が悪い場合は往診という方法もあります。

読んでみよう

神経内科と脊柱管狭窄症

メンズ

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰は身体の重心がある場所なので、どうしても力が集中する場所です。力が集中するということは、それだけ腰には大きな負担が掛かるのです。そのため腰痛が起こることは、人間の身体の構造上の宿命であるとも言われています。腰痛は、骨の損傷が原因となっている場合もありますし、筋肉疲労によって引き起こされるケースもあります。それ以外にも、冷えによる血行不良や神経の圧迫など、腰痛の原因は幅広いです。実際に検査などを行なってみなければ、腰痛の原因を突き止めるのが難しいので、腰痛に悩んでいるのであれば、病院で診察を受けてみるのがよいでしょう。腰痛を発生する疾患のうち、最近増加するようになったのが脊柱管狭窄症です。腰椎の変形や椎間板の変性が起こると、脊柱管の空間が狭くなります。その狭くなった空間には、脊髄が走行しているので腰痛が発生するのです。

的確な診断と治療

神経圧迫タイプの腰痛の場合には、まずレントゲン検査を行います。レントゲン検査を行うと、腰椎や椎間板変形の程度や前後径の広さなどが分かるのです。しかし神経がどの程度圧迫を受けているかについては、明確には分かりません。そこでレントゲン検査に加えて、MRI検査を行うことが一般的です。MRI検査を行うと、レントゲン検査では描写できない椎間板と神経を描写できます。こうして検査が終了すると治療を行うわけです。腰痛の原因が内臓にあるケースもあります。安静にしていても腰痛が生じる場合や血尿や腹痛がある場合は、内臓疾患由来の腰痛の可能性もあるので要注意です。腰痛の治療は、保存療法や運動療法、薬物療法、手術療法など様々です。何が原因の腰痛かで対処治療も変わってくるため、まずは検査で腰痛の原因を探るのが、治療の第一歩です。